保証もしてくれるので利用してみるのもいいかも

ガラスのひび割れは放置しないで修理を

大切に使っていても、スマートフォンというものは全面をガラスで覆われていますので、時にガラスが割れたり、角部分についた傷から、ガラスにクモの巣状のひびが入ってしまうことがあります。
液晶部分に問題がなければ使うことができるため、ガラスの交換費用が高いからとか、修理に持って行くのが面倒とかいった理由で、そのまま使っている人もいます。
ひびが入ったくらいならという気持ちもわからなくはないものの、見た目に不格好であるばかりか、通話の際は耳や顔に当てることになりますし、操作の際は指先でタップしますので、その際にけがをする可能性があります。
たかがひびと考えてそのまま使っていると、ある日突然激しく割れてしまい、けがをして治療費が高くついてしまったということにもなりかねません。
ちょっとした傷なら大丈夫かもしれませんが、ガラス全面にクモの巣状に広がったなら、即修理が鉄則です。
iPhoneを買ったのであれば、もし破損した場合はどこへ持っていけば修理をしてくれるのか、購入時にしっかり確認して覚えておくことが大事です。

どこへ持ち込めば直してくれるのか

iPhoneユーザーの場合の選択肢は二つで、Apple社の公式ルートから修理を依頼する方法と、街中にあるiPhone修理を専門に手掛けている店へ持ち込む方法です。
どのような違いがあるかというと、Apple社に依頼する分には自社製品ですので、部品も正規品と同じ物を使って直してくれることや、場合によってはすぐに新しいものと交換してくれるといったサービスがあります。
これらは配送による受け付けになりますが、直営店に持ち込めば、その場で修理をしてくれますし、修理交換されるすべてのパーツが、こちらも正規品という安心感があります。
デメリットとしては、直営店での修理待ちをする人が多く、待ち時間が長いことです。
修理内容にもよりますが、ガラスの交換だけなのに2~3時間待ちということもめずらしくありませんので、急いでいる時にはイライラします。
もう一つの選択肢であるiPhone修理専門店に持ち込むという方法であれば、ガラス交換に要する時間はわずか30分という短さです。
誰も待っている人がいなければ、30分もかからずに受け取れるかもしれません。
Apple社の正規部品を使っているかを聞くかどうかはその人次第ですが、料金を安く設定しているため、正規品でない可能性のほうが高いでしょう。
とはいえ、例えば交換してくれたガラスも強化ガラスで品質保証というのであれば、さほど気にしないという人も多いのではないでしょうか。
それよりも、店頭で数時間待ち、配送修理だと1週間以上かかるという公式ルートでの修理はとても待っていられないという人が多いと思われます。

修理専門店にも保証があります

iPhoneの修理を専門に行っている店では、修理内容にもよりますが、最長で6か月間は保証するとしているところもあります。
保証をするということは、それだけ修理技術に自信を持っているということですので、保証サービスを採り入れている店を選んで修理をお願いすればより安心です。
スマートフォンの故障件数は、普及率が高くなるとともに増えてきていますので、繁華街を中心に修理専門店も増えています。
競合店に勝つためには安くする必要があるとして、質の劣る部品を使って修理代を安く設定している店もあるかもしれません。
修理代が安いのはありがたいことですが、質が悪ければまた修理が必要になってしまいます。
保証制度を作っている店なら、修理がうまくいかなかった時はやり直しますということですので、良心的な店といえるでしょう。
公式ルートでの修理を選ばず、iPhone修理専門店を選ぶ時には、修理依頼件数が多く、全国展開している店などを探して選ぶことが重要といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA