iPhoneの修理に利用しているところ

薄型化で頻発する悩み

さまざまなことができるiPhoneは、一度持ったら手放せないくらい重宝するものです。
電話はもちろん、LINEでメッセージをやり取りしてコミュニケーションを取ることや、メールも利用できます。
さらに音楽をダウンロードして携帯音楽プレーヤーのように使ったり、高画質のカメラを備えていることから、デジカメ代わりにもなります。
多目的に利用ができるようになったことから、一日たりとも手元にないと困るという人がほとんどでしょう。
そんなスマートフォンは、iPhoneも含めて薄型化している傾向があります。
より薄く、より軽くということが、使っていて疲れない操作性の良さにも繋がるからです。
一方で、薄型化によってガラスの強度がこれまでよりも劣ることになり、ガラスが割れるというケースが頻発しています。
これは、薄型化がもたらしたネガティブな面といえますが、メーカーとしても強化ガラスを使うなど、工夫はしています。
とはいうものの、ちょっとした振動でもひびが入ることも珍しくないだけに、人によってはたびたび修理ということもあるでしょう。

実はたくさんの人が使っている

Apple社によれば、公式のApple Store直営店へ持ち込めば、その場で修理が可能としています。
ただ、事前に予約を入れていかないと受け付けてくれませんので、注意が必要です。
さらに、予約を入れていったのですぐに対応してもらえると思っていたら、大勢の人が同じように待っていて、2~3時間しないと順番が回ってこないということもしばしばです。
さらに、ようやく時間が来たと思っても、店頭で修理ができないことがわかって専門部署へ回さないといけないという場合もあります。
そうなると、最低でも1週間は戻ってこないと覚悟した方がいいでしょう。
公式ルートでの修理以外に方法がなければ、選択の余地がないために不便になっても預けざるを得ませんが、ビジネスマンなど、iPhoneが1日でもないと困るという人がたくさん利用している修理方法が他にあります。
それが、iPhoneの修理を専門に行う店に持ち込むことです。

店舗に持ち込むことでスピーディーに対応してもらえる

この修理店に持ち込む場合には、予約をする必要がありません。
そのため、通勤途中でガラスが割れてしまったり、あるいは割れていることに気づいたら、駅前などの便利なところにある修理専門店に駆け込むことができます。
勤務先が繁華街や駅近であれば、仕事の途中で抜け出したり、昼休みに店に行って預けておき、休憩が終わる頃に取りに行けばもう直っているという具合に、非常にスピーディーなのです。
予約をしておけば、ほかに待っている人がいても先に受け付けてもらえますので、預けた後に近くの飲食店で昼食を取り、帰りに受け取るということもできます。
ガラスの割れの修理であれば、30分程度で直してくれるからです。

専門の修理ができる店なら安心

iPhoneの修理専門店として店舗を運営しているところには、専門的な修理ができる技術者がいます。
そのため、何が何でもすぐに直して欲しいと考える人の多くは、公式ルートを通しての修理ではなく、こうした街中の修理店に持ち込んで直してもらっているのです。
ガラスの割れならガラス交換だけで済む話ですので、それに1週間も待っていられないというのが正直なところでしょう。
薄型化して使いやすくはなったものの、ガラスの割れが頻発というのでは困りますので、修理専門店を見つけておくと安心です。
専門店ではガラスの修理を利用したお客さんに、強化ガラスフィルムを貼るなどのアドバイスもしてくれます。
おそらく店頭での取り扱いもしているでしょうから、交換の際に一緒に貼ってもらっておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA