iPhone修理専門店のメリット

正規店ではないけれどメリットはたくさん

人気のスマートフォンiPhoneを利用している人はたくさんいることから、駅前や繁華街、ビジネス街などにiPhone専門の修理店が続々とオープンしています。
全国展開している修理店であれば、非正規ながら修理件数が延べ50万件を突破するなど、多くのiPhoneユーザーが利用していることが分かります。
正規店であるApple社に直接修理を依頼する方法や、Apple Storeに持ち込む方法、さらには量販店でも直営店として修理を受け付けるところがあります。
修理を依頼するにあたって、利便性の悪さや店が少ないといった欠点は特に感じられないにもかかわらず、非正規の修理専門店が次々にできるのには訳があります。
それは、正規店で修理を依頼するよりもメリットがあるためです。

時間のメリット

公式サイトから宅配修理を頼むと、宅配業者が来てくれますので手間いらずなのですが、戻ってくるまでに1週間かかります。
そんなには待てないと直営店に持ち込む場合は、予約をしておく必要があり、予約時間に行ったとしても、たくさんの人が待っていれば待つしかありません。
待った挙句、店で修理できないからセンターへ送りますということになれば、待った分の時間が結局、無駄になってしまったわけです。
しかも、センターに送られれば、宅配修理と同様に1週間は確実に戻ってきませんので、ショップに予約を入れるための時間から、足を運ぶのに使った時間も無駄になったことになります。
公式に修理をしてもらうことにこだわるなら、これらも必要な時間といえますが、さほどこだわりがなければ、時間の無駄が非常に多い修理方法と感じるのではないでしょうか。
その点、iPhone修理専門店であれば、サイトから予約していけばお客さんがいても先に受け付けてくれます。
また、その場で交換できるガラスやバッテリーなどは15分から30分という短時間で修理及び交換してくれますので、時間のロスが非常に少ないのが特徴です。
分刻みのスケジュールを入れている人は、修理専門店を選ぶことで貴重な時間の損失を防ぐことができます。

料金面でのメリット

Apple社では、ガラス破損の場合、通常料金よりも安く交換できるサポートサービスを行っていますが、そのためには保証料金が必要になります。
保証料金を支払っても、通常料金よりも安くなるだけで、無料で修理してくれるわけではありません。
2年間のうち2回までという制限が設けられていることから、負担の軽い修理で2回使い、修理代金の高い修理の時は全額自己負担ということもあり得ます。
もちろん使わなければ、2年経過をもってサポートサービスは終了です。
iPhone修理専門店を利用して修理をする場合、ガラス破損の修理やバッテリー交換など、すべての修理において正規店よりも安い値段に設定しています。
それによって、非正規店を選んでもらおうという狙いですが、結果的に2年間修理せずに済んだ人や、ガラス破損1度だけだったという人なら、保証料金よりも安く済むケースが非常に多いのです。
そのため、料金面でのメリットを天秤にかけた結果、iPhone修理専門店を選ぶ人も多くなっています。

これまでを振り返って考えてみよう

スマートフォンになる以前のフィーチャーフォンのときから、しょっちゅう水没させたり、落としたりで修理をお願いしていたという人が高価なiPhoneを買った場合は、公式サポートに入ることを検討するのもいいでしょう。
一方で、気を付けて扱ってきたから、これまで一度も修理を頼んだことはないという人なら、あえてサポートのお金は払わず、壊れた時だけ信頼できる修理専門店を選んで修理代金を払った方が時間のロスも少なく、結局のところ一番効率のよい修理方法になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA