iPhoneの保証修理対象となるもの

購入から1年以内は正規店へ

Apple社のiPhoneはどこの携帯電話会社で購入しても、1年以内なら故障した時に無料保証の対象になります。
基本的には新しい物と交換という方法をとりますので、データのバックアップは必須です。
ただしここで気を付けたいのが、Apple社によって保証対象となる条件が決められていることです。
フィーチャーフォンのときもそうでしたが、水没による故障は、買って1年以内のメーカー保証期間内でも、故障の時のための修理オプションプランに加入していても適用されません。
なぜかというと、故障の原因を作ったのは過失だからです。
それを踏まえ、Apple社では落とした場合の故障も過失とみなし、保証の対象から除外しています。
iPhoneを水没させたり、落としてしまったりという故障は、修理を必要とする中ではもっとも多いことです。
うっかりしていたと言われれば確かにそうかもしれませんが、それも含めての保証なのではと納得いかない部分もあります。
とはいうものの、Apple社がそう決めている以上、致し方ありません。
では、どのような故障が保証対象になるのかというと、丁寧に扱い、正しく使っているのにうまく作動しないときに限られます。
つまり、メーカーによる製品の不具合が原因の場合に限られるということで、交換は当然といった感じがします。
iPhoneの不具合について紹介している記事「iPhoneが動かなくなってしまった原因は?

Apple社の保証サービス

Apple社では、iPhoneを購入した人に対して、Apple Care+というサービスを提供しています。
これに加入しておくと、Apple社において保証対象と認められる不具合が発生したiPhoneに対しては、即、新しい物と交換してくれます。
また、ガラス割れの修理を安く受けられるようにするなど、魅力に思えるのですが、実は保証の範囲内での修理は2回までと決まっている他、2年間の保証に入るのに保証料金が必要になります。
しかも、この保証を受けるための保証料金が14,800円というかなり高額なものなので、最新機種で10万円以上のものを買ったという人以外は、加入するかどうかで悩むことでしょう。
ガラス割れを2回起こし、修理を利用してしまった場合、その後、基部のダメージなどの深刻な破損が起こった場合は実費になるとあっては、使うタイミングも難しいと感じてしまいます。
結局、修理することがなかったという場合でも、もちろん保証料金の返金はありません。

非正規の修理専門店はどうなのか

正規店であるApple社の修理サポートサービスがあまり魅力的に思えない人にとっては、街中で見かけるiPhone修理専門店のことが気になってくるでしょう。
正規店では、不具合箇所だけを見るのではなく、本体を丸ごと解体したり、先にデータを消去してから修理に取り掛かるので、データは失われるのが基本です。
それに対して非正規のiPhone修理専門店の場合、バッテリーの劣化ならバッテリー部分だけ、ガラスの破損ならガラス部分だけといった具合に、不具合のある箇所だけを修理しますので、データを本体に残したまま修理します。
そのため、データの復旧がほぼ確実に可能なところは非常に助かります。
さらに、水没したiPhoneも本体のクリーニングを行うことから、一度は諦めたデータが復旧する可能性すらあるのです。
そう考えると、修理専門店を上手に選ぶことで、正規店よりもうんと便利に使えそうです。
ガラス割れやバッテリー交換なら短時間でやってくれますし、料金も保証料金を支払ったうえにさらに修理代金も発生するApple社のサポートサービスに比べると、何事もなく保証期間を過ぎてしまえば払う必要のなかった保証料金でガラス交換の修理代やバッテリー代が支払えそうです。
待ち時間も少なく、便利な場所に店舗が増えていることから、非正規店を上手に使うことが修理対策には欠かせないと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA